中部電力 駿河変電所

静岡市を流れる安倍川(あべかわ)沿い、新東名高速道路の新静岡インターのすぐ上流にある駿河変電所。安倍川はもちろん安倍川もちの安倍川です。

ここは静岡市内への電力供給の他に50Hz/60Hzの周波数変換を行うことができる日本に3か所あるうちの一つ、東清水変電所へのルートを結ぶ重要な変電所です。

 

※以下の写真は2015年7月のものです。

 

駿河変電所

駿河変電所

 

いかにも!な変電設備

駿河変電所

 

275kV送電線

駿河変電所

 

安倍川の対岸より。遠くからでも目立ちます。

駿河変電所

 

変電所の敷地内には「静岡配電訓練センター」なるものもあるようです。

駿河変電所

 

その名の通りここで訓練を行うのでしょう。

駿河変電所

 

無数の電柱。

駿河変電所

 

では、本日のメインディッシュです。変電所とくればアンテナ。鉄板ですね!

鉄塔には2枚のパラボラアンテナが確認できますが注目すべきはアンテナの仰角です。

上段のアンテナは正面を向いているように見えますが、下段は斜め上を向いてます。

駿河変電所

 

別方向から見ると上段もかなりの仰角がついてるのが確認できます。

駿河変電所

 

別角度からアップ

駿河変電所

 

ここまでアンテナの仰角をつける必要があるのは周りの地形によるためです。

駿河変電所

 

見渡す限り山に囲まれ対向局が見通せない。そんな時は、、、

駿河変電所

 

そう!反射板!! こちらは下段のアンテナに対向する反射板。お茶畑の中にあります。

駿河変電所

 

上段のアンテナの対向は文珠岳にあります。

駿河変電所

 

この日はあまりよく見えなかったので別の日の文珠岳です。

駿河変電所

 

さて地方にきて見かける看板に「この先ガソリンスタンド〇〇kmなし」とか見かけますが、ここにもありました。

 

サークルKサンクス静岡牛妻店

駿河変電所

 

「これより先」がどこまでを指すのかきになりますね〜。

駿河変電所

 

もし梅ヶ島温泉を指しているなのならこの先35kmはコンビニがないことになります。

昔、北海道にドライブに行った際に見かけた「セブンイレブン〇〇店 この先〇〇km」(もちろん数十キロ!)を思い出しました。

 

 


中部電力 大内反射板

静岡市葵区と清水区にまたがる一本松公園。ここは公園の中に中部電力の反射板があるというちょっとお得なスポットになっています。

アンテナ部の皆さんなら今更説明はいらないと思いますが、反射板とは増幅装置を持たない主にマイクロ波帯の中継装置の一つです。

 

市街地からはいくつかのルートがありますが、今回は静岡瀬名病院のわきの道からアプローチしました。公園には駐車場がありますので車でも行けちゃいます。

 

※以下の写真は2015年7月のものです。

 

早速駐車場に車を止めて公園のある帆掛山を目指します。

大内反射板

 

しかしいきなりの急な階段で早くもイヤになります。

 

こんな山道をひたすら上っていきます。夏に行くもんじゃありません、ハイ。

大内反射板

 

どんどんと標高を稼いでいきます。

眼下には静岡市街地が広がります。夜になると夜景スポットとしても有名なようです。

大内反射板

 

15分位で山頂に到着です。

静岡といえば日本平ですが、その日本平と同じ標高307mです。

大内反射板

 

そしていよいよ反射板とご対面。これはベストショットですね〜!

大内反射板

 

反射板正面より。山芋、山菜は盗っちゃダメ!

大内反射板

 

ナナメから!

大内反射板

 

反射板は数十センチ四方の鉄板を何枚も組み合わせてできてるのがよくわかります。

どれくらいの平面度が保証されているんでしょうか?

大内反射板

 

そして裏側。

大内反射板

 

微調整が可能な構造になっています。実際にはどのように位置調整するんでしょうか?

大内反射板

 

ご丁寧に銘板があります。かれこれ30年以上ここに鎮座しています。

大内反射板

 

しかしこのような反射板はいまいち現役なのかどうかよくわかりません。

中継局のようなアクティブタイプであれば稼働中かどうか割とわかりやすいのですが。

この反射板のすぐ南側斜面にもNTT鳥坂反射板というのがある(あった?)ようです。

 

一本松公園からの帰り道。静岡らしい茶畑と山並みです。しかしここで注目すべきものがあります。

大内反射板

 

ニッカリ製のモノラック!

大内反射板

 

至る所にあります。

大内反射板

 

人が歩けないような急斜面にもレールが敷かれています。

大内反射板

 

Myモノラック、羨ましいです。。。

 

 


アンテナニュース

本日(1月28日)は、八木・宇田アンテナの発明で知られる工学博士・八木秀次氏の生誕130年ですね!​Googleトップページのデザイン(Google Doodle)​がテレビアンテナ​と思われる画像になっています!
 
ヤギアンテナ
 
アンテナニュースといえば、昨日三菱電機が海水がアンテナになる技術を開発したと発表しました。海水を空中に噴射してできた水柱がアンテナになるとのこと。
ありそうでなかった、いろんなことを考えますね〜。

朝鮮労働党創立70年 軍事パレード(2/2)

後半です。

KCTV

砲身が太くなってきました
KCTV

更に長いです
KCTV

別の戦車
KCTV

これひょっとして無人機?
KCTV

晴れの日は良いけど、曇りの日は目立ちそうw
KCTV

KCTV

大型ミサイル
KCTV

KCTV

KCTV

何やらレーダーと思われる板を搭載したトラック
KCTV

ドラム缶ではなくロケットミサイルですよね、きっと
KCTV

KCTV

見るからにミサイル!
KCTV

別のミサイルの先端
KCTV

迷彩柄のミサイル
KCTV

手前の人文字は「勝利」
KCTV

やっとジェット戦闘機が登場
KCTV

金正恩
KCTV

KCTV

今回の軍事パレードはニコニコ生放送でもやっていたので見た方も多かったと思います。
しかしストリーミングでは流す方が配信を止めれば見れなくなってしまうわけですが、直接受信はいつでも見れるので良いですね。
KCTV

朝鮮労働党創立70年 軍事パレード(1/2)

今日は近くて遠い国、北朝鮮朝鮮労働党創立70年の軍事パレードが開催されました。
ニュースでも取り上げられていたのでご存知の方も多いはずです。
本来であれば午前中からパレードは行いますが、今回は天候の影響か(?)15時頃から始まりました。

金正恩氏によるありがたい挨拶 マイク多すぎw
KCTV

会場は金日成広場です。
広場の向こうは川が流れており対岸には主体(チュチェ)思想塔があります。
KCTV

面白いヘルメット
KCTV

KCTV

一小隊200人位います
KCTV

KCTV

KCTV

最近サイドカーって見なくなったなぁ…
KCTV

レトロ感が漂います
KCTV

これだけ人がいれば当然・・・
KCTV

マスゲームになるわけです
「慶70祝」と書いてあります
KCTV

レシプロ機が朝鮮労働党旗のような編隊を組んでいます
KCTV

今度は複葉機、当然70
KCTV

これは新兵器のポータブル核兵器かも!
KCTV

学生も一緒に行進
KCTV

白馬も駆り出されます
KCTV

これで現場に駆け付けるわけですね、車両がレトロです
KCTV

ロケット砲搭載
KCTV

KCTV

KCTV

こちらはホントに新兵器でしょうか、トラックが新しいです
KCTV

ベンツ ゲレンデヴァーゲン??
KCTV

つづく
 

銚子ポートタワーFPU

飯岡灯台FPUと同じ頃に設置されたと思われる銚子ポートタワーFPUとなります。
飯岡灯台もこちらもそうですが、2011年の東関東大震災まではどちらもカメラはありませんでした。
随時パトロールしてましたので震災後に設置されたのは間違いありません。

さて、銚子ポートタワーですが全日本タワー協議会に所属しています。いまいちどういう会なのか良く分かりませんが。。。
ポートタワーからは眼下に銚子漁港の第3卸売市場が、あとは果てしなく太平洋が見渡せます。
銚子漁港といえば第1卸売市場が今年の4月に新しくなり、見学コースから市場内を見ることもできますし、併設の食事処「万祝」(まいわい)もオープンしました!
ポートタワーにも連絡歩道橋でつながったウォッセ21がありますのでこちらもどうぞ!!

タワー全景
銚子ポートタワーFPU

お目当てのFPUは正面から見て左側(北西側)の塔の屋上にあります。

お目当てのカメラとアンテナ
銚子ポートタワーFPU

別角度から。漁業関係の垂直系アンテナも3本確認できます。
(すぐ隣にある銚子漁業無線局のものと思います)
ワイヤーアンテナも左右の塔間に張られています。

左右の塔間
銚子ポートタワーFPU

にぎやか屋上
銚子ポートタワーFPU

にぎやか屋上を拡大
銚子ポートタワーFPU

カメラの形状からすると左側のカメラが飯岡灯台と同一形状ですのでNHKかと思います。
他の2台は民放? アンテナの向きからすると対向は筑波山の男体山にあるFPU中継所ですね。
興味深いのは飯岡灯台もそうですが、NHKのレドームだけ何故だか茶色い。。。

ところでNHKのFPUは何故だか2方向にアンテナが設置されています。
筑波山向けと大多喜向けの冗長化構成でしょうか?
銚子ポートタワーFPU

さあこれであなたも銚子と旭のお天気カメラの映像が映るたびニヤニヤできますww
 

飯岡灯台FPU NHKロボットカメラ

いつの間にか旭市飯岡の飯岡灯台併設、刑部岬展望館〜光と風〜にカメラとFPUが設置されていたのでパトロールに行ってきました。
ここからの映像は、NHKで見たことがある方も多いと思います。いわゆるお天気カメラなのですが、NHKではロボットカメラと呼ぶそうです

飯岡灯台と刑部岬展望館
飯岡灯台FPU

カメラは24時間いつでも立ち入り可能な階段を上った先の3階テラスの柱に取り付けられています。

見慣れた景色!
飯岡灯台FPU

正面から
飯岡灯台FPU

カメラはパン・チルト可能です。
FPUアンテナの対向は大多喜中継所でしょうか。

横から


ここからの夜景もお勧めですが、なんといっても他では有料な双眼鏡がここでは無料ですので是非覗いてみてください。
空気が澄んでいれば、富士山はもちろんのこと成田空港の管制塔や筑波山、芝山のオーチスのエレベータ試験棟、いろいろ見えます。西の空低い位置の月面であればクレータ、土星などの惑星も観察可能です!


追記
後日たまたま見ていた民放でこのカメラの映像が流れているのを見かけました。
こういったカメラを運用している会社はNHK専門というわけではなく、各社に映像配信権を売ることを商売にしているのかもしれません。詳しい方補足をお願いします。

成田テレビ中継局 解体→完了

週末は天気が良く絶好のアンテナ日和となりました。
というわけで、解体中の成田局へパトロールです。

解体途中(2015/07/12)
成田局

解体は塔の中にタワークレーンを設置して行っています。
鉄塔中部あたりにあったステージも既に無い状態で、だいぶ解体されてしまっています。
もう半分位のサイズになってしまってます。

タワークレーン部(2015/07/12)
成田局

正面から撮影した関係で、ブームがいまいち分かりにくいです。

鉄塔自体は遅くとも来月中くらい今のペースだと今月中には完全に無くなってしまうと思います。
このあたりのシンボル的な鉄塔だっただけに残念です。
鉄塔が無くなったら鉄塔が無いことが普通になってしまって、人の記憶からも忘れられてしまうんだろうな。。。

2015/07/14:追記
成田局

2015/07/14:追記
成田局

2015/07/17:追記
成田局

2015/07/21:追記
成田局

どんどん解体が進んで日に日に低くなってきています。

そしてついに...

2015/07/28
成田局

ついに基礎のみを残すだけとなりました。

2015/07/28 基礎部の一つ
成田局

 

2016/11/8 再訪

ここに巨大な鉄塔があったことすら感じさせない光景に...


鉄塔の規模からすると相当なサイズのものが地中深く埋まってると思いますので、これの撤去は時間がかかりそうです。
これだけ巨大な鉄塔も解体はあっという間でした。

ここに一つの時代を築いた鉄塔があったことは忘れない。。。

 


成田テレビ中継局 解体

成田の特派員より鉄塔解体中との連絡が入りました。
成田テレビ中継局は現在のNAAが設置運営を行っていた、航空機による電波障害対策のものです。
ちなみに成田以外で現存する中継局は香取(香取市)、下総光(横芝光町)になります。
成田局は地デジ化もされずどうなるのかと心配してましたが、解体ですか…。

Google先生に聞いてみたところ、成田中継局は入札で解体業者を決めたうえでの解体のようです。
落札は神栖市にある常総開発工業(株)で、落札額は約2.2億円。

天気が悪い日が続いているので解体中の鉄塔の撮影に行けるかどうか微妙なところです。

7/5夕方時点

地デジ山武日向中継局

東金城跡中継局とほぼ同時に放送を開始した山武日向中継局です。
JR日向駅の北側の小高い丘の上に建っています。山武市国保日向診療所のすぐ裏手です。
中継局がある場所はちょっとした広場になっていて、車でのアクセスが可能です。

全景
山武日向中継局

iD鉄塔 26m高の3型
山武日向中継局

アンテナ部
山武日向中継局

受信アンテナ ループアンテナが重なってしまい2本に見えますが、4本あります。
山武日向中継局

受信アンテナ直下より 受信アンテナの向きが微妙ににずれています。
山武日向中継局

送信アンテナ 4面各2段、NHK用と民放用で分けていると思われます。
山武日向中継局

GPSアンテナ
山武日向中継局

全国集中監視システム用のFOMAアンテナ
山武日向中継局

鉄塔下部
山武日向中継局

アンテナはNHK用と民放用で分かれているようです。
山武日向中継局

 

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
search this site.
others
mobile
qrcode