<< 銚子VOR廃止 | main | JR/近鉄 京都駅 >>

Live At 9

たまにはアンテナの先の話題について。
パキスタンの民放局、HUM MASALA TV(ハムマサラテレビ)です。
live@9

パキスタンというと何となくマイナスなイメージが浮かぶ方もいるかもしれませんが、今回そういった政治の問題は抜きにテレビ番組について取り上げます。近代のインド、パキスタン、バングラディッシュあたりの成り立ちについては手っ取り早く映画「ガンジー」を見ていただければと思います。

このHUM MASALA TVは、世界初のウルドゥー語による24時間フードチャンネルです。いつ見ても料理番組や食に関するプログラムばかりです。当然言葉は分からないんですが、「食」は世界共通のためか何となく分かります。それがまたおもしろいんですよね。
中でも「Live At 9(Live @ Nine)」はなかなか興味深い番組です。

英語タイトル
live@9

ウルドゥー語?タイトル
live@9

こちらが料理人のGulzar Hussain(ガルザー フセイン)
キュウリなんか手刀で切っちゃいますw
live@9

番組内容は毎回違う料理を作るいわゆるクッキング番組なのですが、
live@9

突っ込みどころが満載なのですよ、これが。
まずはすぐに気になるのが、このガスの不完全燃焼っぷり。煤で赤い鍋もこの通り!
live@9

こちらは黒い鍋ですが、煤の黒さはすぐに分かります。
live@9

ガスの質が悪いんでしょうか、それともコンロの問題?
どちらにしても毎回ガスを使うシーンは気になって仕方ありません。

さてこのガルザー氏、胸のあたりの刺繍を見ると何やらカタカナと漢字らしき文字が…
「ガルザー竜」ww
live@9

「ガルザー竜」www
live@9

よくよく調べてみると、ガルザー氏は日本で料理の修業をしています。(東京銀座で3年、福岡で5年)
その後、日本人とタイ人のハーフの女性と結婚の後、タイを経てパキスタンのカラチに戻りタイ料理のレストランの開いたという経歴の持ち主のようです。(あれ?日本料理は…)「ガルザー竜」は日本にいたころの呼び名でしょうか。まさかパキスタンのテレビ番組で日本語のニックネームを持つ方の番組を見れるとは思いませんでした!
ちなみに今日現在(2014/11/30)、Googleでは「ガルザー竜」でのヒット件数は0件です。ひょっとしてCICアンテナ部が「ガルザー竜」を日本語で紹介した世界で初めてのBlogとなるのか!?

番組内では時折、番組Facebookの画面が映るのですが、スタジオに置いてあるモニターはパナのVieraです。
live@9

普段使いのブラウザはchromeで、他にFirefox、フォトショ、スカイプなんかも入ってます。OSはヒンディー語版でしょうか?
live@9

そうこうしているうちに料理も完成です。
live@9

ちなみにLive@9ですが、これはパキスタン時間の夜の9時からの放送されていることに由来しています。
(日本との時差は-4時間なので、日本時間だと夜1時から)
日本からはストリーミングで見るか、衛星放送を直接受信するかとなります。今回のソースは衛星放送です。
Asiasat7(旧Asiasat3s:105.5°E)のCバンド、4155H/SR9833/DVB-S2で月〜金で絶賛放送中です。
このチャンネルは150センチ程度のパラボラアンテナでも楽しめると思います。

アンテナ自体はもちろん好きですが、アンテナを使って遠くの電波を受信するのって楽しいですよね〜!
 

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
search this site.
others
mobile
qrcode